胃瘻でも食事の楽しみを

ついに梅雨明けしましたね。

車で訪問していますが、車中は灼熱状態で、「暑―い」と叫びながら移動しています。

今回は約半年かけて食べることの意識が変わり、

楽しく経口摂取を続けられている方(脳梗塞・胃瘻)のお話です。

介入当初、ご本人や奥様は口から食べていきたいと意欲満々!!

ゼリーやプリンなど、順調に進みました。

しばらくして、やわらか食・ソフト食と形態をアップし、お昼だけ提供すると、

ご本人は食べこぼしやムセ込みが多くて、意欲がドンドン低下。

奥様はご本人のムセがひどくても、食べられていることが嬉しくて、

とにかく食べることにこだわっている様子。

二人の気持ちにズレができてしまいました。

ムセが多く食事量が増えない期間がしばらく続いていたので、

再度、ご本人と奥様の気持ちを確認してみました。

本人「好きなものを食べたい」

奥様「好きなものを食べさせてあげたい」

お二人の気持ちが再び揃いました。

好きなものだけ、好きな場所と時間で食べていこうというお話になりました。

現在は、奥様にご主人の好きなものを買ってきてもらい食べています。

食材選びで困った時は、管理栄養士が相談にのり、

新しい食べ物に挑戦する時は、言語聴覚士と共に伺います。

奥様からは、管理栄養士と言語聴覚士が一緒にきてくれると「安心する!」と

ありがたいお言葉を頂いています。

これからも安心をお届けできるように、日々努力していきます!!

ST405