嚥下と、新しい発見と

ある日、

「父に少しでもいいから形のある物を食べて欲しい!!」

そんな思いを持ったご家族様から依頼が舞い込んできました

早速ご本人様のもとに管理栄養士とともに伺い、
ご家族様から普段のお食事の様子やお父様の趣味
など色々なお話しを聞くことができました

好き嫌いは無く、管理栄養士が準備してきてくれた
「いちじく」
を食べてもらうことにしました

ご本人様に見せると…

A氏「これ何かな???」

と不思議そうに見ています

私「食べてみますか?」

A氏「…そうやな、食べてみよか」

とおそるおそる一切れ口に運びます

A氏「これ、おいしいわ」

と一言。その瞬間、よかった~と周りで見守っていたスタッフの声が聞こえてきます

その後も食べ進め、準備してきたいちじくをあっという間に全て食べました

最後に記録用紙にサインを書いてもらうのですが、ご本人様にお願いすると

すらすらと自分の名前を書いていきます。その姿を見たご家族様は
「お父さん、自分で書けるんやね!すごい!新しい発見ができたわ~」
と言いながら嬉しそうにしていました。

そのやり取りを見た私達はほっこりした気持ちで、また来週きますねとお部屋をあとにし
ました。次はどんな発見があるのか楽しみです。

ST:K

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする