ホタルイカの酢味噌

待ちにまった桜があっという間に満開になり、
あっという間に散り始めていますね。
今回は桜が咲く少し前の頃のお話です。

施設にご入居されているT様から、
春になったら「新子」「ホタルイカの酢ミソ」が食べたいというミッションを頂きました。
今までは、リハビリの時間には甘いもの(アイスやプリン)を一緒に食べていましたので、疑問を感じる私。

私:「なんで、新子やホタルイカを食べたいの?」
T様:「今の時期にしか食べられないものだからね」
と素敵な返答。
私:「わかった。なんとかしてみる!」
笑顔でそう伝えて、施設を出ました。

進行性の難病で重度の嚥下障害があるため、そのままの形で提供するのは厳しい。
けど、なんとか食べてほしい。
クリニックに持ち帰り、管理栄養士さんに相談です。
私が状況を説明すると、
管理栄養士:「T様が食べたいっていうなら用意するよ」
「ミキサー持って施設にいくよ」
すぐに心強い返事!
持つべきものは、よき同僚!!

数日後の訪問の様子です。
部屋中にホタルイカの匂いが充満します。
私:「お味はどうですか?」
T様:「ごはんがいるね(笑)」
二人:(笑)
すべて完食され、最高のほめ言葉をいただきました。
次回は「新子」にチャレンジです!
どんなお言葉がもらえるかワクワク・ドキドキの連続です。