ずっと食べたかったクッキー

簡単に下げるのに、上げるのは時間がかかるなぁ…

入院前は軟菜食を食べていたCさん
入院中に原因不明の発熱
食事形態は軟菜食からミキサー食に

退院後もずっとミキサー食を食べていたCさん

初めて訪問した時に、
「私クッキーが食べたいんだけど、ダメって言われてるの」

後日、ご自宅で当院の嚥下内視鏡検査をする事になりました

検査当日
お部屋に伺うと準備万端で待っているCさん
歯科の先生が口の中の状態を確認し、
鼻からカメラを入れて…
いざ検査!!

ペースト食を1口
歯科医師「問題ないね」

お粥を1口
歯科医師「ちょっと残ってるけど問題ないねぇ」

軟菜食のおかずを1口
歯科医師「食べれているね」

クッキーを1口
歯科医師「問題ないね!」

検査終了―!!
検査後、周りを伺っているCさん
「クッキー食べれるって!」と声をかけると満面の笑顔
「そうですか、食べていいんですね、ありがとうございました」
Cさんの笑顔にこちらまで笑顔になりました

今までの短い管理栄養士生活を振り返ると、
食事形態は、簡単に下がるのに、上げるのは本当に時間がかかる事が多いです。
“とりあえず“で食事形態を下げる事が減ればいいな、と改めて思った1日でした。

…余談…
検査後の先輩
「クッキーはマーガリン・ショートニイング不使用のバターだけで作ったクッキーやで!」さすが先輩!!こだわりが違う!!色々な発見がありました(@。@)
RD:171

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする