宝船と私達 - 嚥下

「のりこめ、のりこめ」と彼女
「ん、何に?」と私

彼女が、ベッドの足もとの壁を見やると、
七福神と宝船の絵が飾られています

「元気だったときに、母と一緒に回ったんです」と娘さん
笑顔でベッドサイドに食事を持ってこられます

大阪市内の神社には、七福神が奉られており、
御朱印を集めることができるのです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨年の夏、生きるか死ぬかの状態のなか、
5人姉妹は家で看取ることを覚悟して、母を退院させました
毎日、毎日、入れ替わり立ち替わり、介護です

「STさん、嚥下何とかしてほしいんです」
担当CMから連絡が来ました

肺炎後、量が食べられないため、
マーゲンチューブが入ったままの退院

「とにかく、いろいろと食べていきましょう。少しでも好きなモノが食べられるように」と私

主治医、歯科医、看護師、ST、管理栄養士、CM
各々に異なる時間と内容でしたが、気持ちが一つになりました

暑さが和らぎ、秋の陽気に包まれる頃
大好きだった天ぷらそばや豚肉の煮物など、
刻んでありましたが、食べることができました

「ありがとう、おいしいわ」
素直に気持ちを話される母の言葉に、
娘さんがうっすら涙を浮かべることもありました

好きなモノを食べると、口数も多くなります
「あの宝船にのりこんだら、いいんや。
のりこめるかな?まってくれるかな?」
彼女はいつも、そう言っていました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年末、とうとう体調に変化がありました
ほとんど食べられず、
幸いにもマーゲンチューブがあるため、
一旦口から食べることはストップになりました
STの介入もそこまでです

年が明け、CMよりメールが来ました
「昨日、ご逝去されました。ありがとうございました」と

年明けまでよく頑張ったんだな、と感じながら
ふとカレンダーをみると、まさに十日戎の当日でした

そうか!
宝船に乗りこめて良かったね!

そう想うと、
私はなんだか不思議な温かさに包まれていました

ST.ry

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする