多職種で小さな気付きもしっかり連携

いつもは言語聴覚士さんと同行する事が多いですが、
今日は訪問先のO様宅で理学療法士さんと同行です

嚥下はまずまず、だけど食事量が徐々に減ってきて、痩せてきています
理学療法士さんに、リハビリの状況や今後の方向性を確認します

理学療法士さん、全身状況をくまなく観察します

『先週はなかったけど、最近背中の発赤が気になるんですよ。』
『踵も赤くなってるでしょ。』

恐れていたことが、、、
やはり褥瘡のリスクが高い状況です
理学療法士さんと相談し、そろそろエアマットの導入と、
気まぐれエンシュアを毎日エンシュアにするなど話しは進みます

『では、訪問看護師さんと、ケアマネさんに連絡しておきますね』と私…

後日訪問すると、エアマットが導入されていました
奥様も『背中がよくなってよかったわ~』と笑顔です

小さな気づきを皆で共有する事で、
早い解決ができて清々しい気持ちでした

RD.375

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする